【どんな書体でも使える技】Photoshopで文字を太くする2つの方法

WEBデザイン制作

書体を編集するときに、

使いたい書体で太さが1つしか無い・・

ほんの少しだけ文字を太くしたい・・・

こんな場面で使える2つの技を紹介します。

 

1.文字をほんの少しだけ、気持ち太くしたい

アンチエイリアス機能「鮮明」になっている場合は

「強く」に変更する

アンチエイリアス「鮮明」の場合

アンチエイリアス「強く」の場合

・・すごく分かりづらいですね笑

文字を72px→30pxに小さくして確認してみると・・

若干「アンチエイリアス 強く」の設定だと太く見えます。

小さい文字明朝体の時はかなり有効みたいですね。

是非試してみてください 🙂

 

2.選んだ書体で太さが無い…でももう1段階太くしたい

この場合は「効果の境界線」を使って

無理やり太くする方法があります。

太くしたい文字レイヤーをダブルクリック

境界線

サイズ:1px

位置:中央

カラー:文字色と同じ

 

境界線なし

境界線あり

ぱっと見で太くなっていますね 🙂

 

このように手軽に文字を太くできるのでおすすめです! 🙂

デメリットとして文字色は1色である必要があります

境界線の太さも1px以上にすると文字が潰れてしまうため要注意です。

 

 

上から順に、

アンチエイリアス「鮮明」

アンチエイリアス「強く」

アンチエイリアス「鮮明」+境界線1px、位置中央

です。

 

境界線で細い縁を作ればどんな書体でも太くすることができます。

 

3.番外編:イラストレーターの場合

フォトショと同様に細い縁をつけることができれば良いので、

イラストレーターでもアピアランスを使えば簡単にできます。

 

文字を選択し、アピアランスを開く

「塗り」を追加

塗りが追加されたので、

「文字」の下に移動させる

塗りを選択した状態で「fx」を選択

パスパスのオフセット

オフセット:0.4px

角の形状:ラウンド

※文字のサイズによります

オフセットなし

オフセットあり(0.4px)

イラレの場合だと、

フォトショより詳細に太さを調整できるのが良いですね!

オフセットを使えばイラレでも手軽に太くすることができます 🙂

 

タイトルとURLをコピーしました